初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MZ&A.ウエスト、参戦に向けて新型シャーシ投入

MZ&A.ウエスト、参戦に向けて新型シャーシ投入

リザーブチームのMZが、チューブシャーシを初テストした。

MZ・レーシングのアンソニー・ウエストは、カタルーニャ・サーキットで行われた合同テストに参加。開発されたばかりの車体を初テストした。

昨年、倒産寸前だった歴史的なドイツメーカー、MZを買収したラルフ・ウォルドマンとマーチン・ウィマーは、Moto2クラス参戦に向けて、プロトタイプマシンを開発。

オーストラリア人ライダーは、MZのエンジニアたちが開発したチューブシャーシを初テスト。

「僕たちは新しいシャーシの試すために来た。前のよりも少し重いけど、次のは軽くなるだろう。話すのは簡単だけど、ベターなサスペンション、ブレーキ、エグゾーストを搭載しないと。現時点ではまだスタンダードの市販車のようだ」と、テスト参加の目的を説明。

「メインターゲットは、シャーシの開発方向を見つけることだった。前のシャーシよりもステップアップし、このベースから最終的なバイクを作ることができる。」

「タイムは現時点では速くないけど、みんなが同じタイヤを履き、僕たちは慣れるようにトライした。みんなが同じエンジンを使うのは、いいことだ。」

現在、リザーブチームとしてエントリーされているMZ・レーシングは、3月1日からバレンシアのリカルド・トルモで開催されているオフィシャルテストに参加する。

カタルーニャ合同テスト

1日目: -
2日目: 1分50秒9
3日目: 1分49秒4

Tags:
Moto2, 2010

Other updates you may be interested in ›