初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

K.ノエス、スペイン生まれのアメリカ人が世界舞台へ挑戦

K.ノエス、スペイン生まれのアメリカ人が世界舞台へ挑戦

スペイン選手権出身のアメリカ人ライダーが、世界舞台に初挑戦する。

ジャック&ジョーンズ・バイ・アントニオ・バンデラスからMoto2クラス参戦を予定しているケニー・ノエスは、17日から本格的なテストを開始する。

バルセロナ出身のノエスは、両親の故郷アメリカ・カリフォルニアでキャリアをスタート。ダートトラックで技術を磨くと、20歳の時(2000年)にロードレースに転向し、スペイン選手権への参戦を開始。22歳から最高峰エクストリームクラスにエントリーすると、2008年から安定して上位に進出し、2年連続してランク4位に入った。

「確かに僕は唯一のアメリカ人。同胞がもっと参戦すると思っていたけど、そうなってしまった。僕をサポートしてくれた国のファンに、喜びを与えるチャンスが来た」と、意気込みを語った。

「アメリカ人だけど、スペインでの暮らしが長く、スペイン選手権に9年間参戦した。その一方で、スタートはアメリカ。ダートトラックのレースに参加して、ワンメークの国内選手権に勝ったから、ロードに転向することを考え、スペインに戻った。ミックスはいいことだ。」

「チャンピオンシップの参戦は、プロライダーになることを決心してからの夢だった。早くテストを始めたい。チームも初参戦に向けて、僕と同じように希望に満ちている。」

「僕たちにとって、たくさんのことが新しい。対戦したことがないライダーたちで、5つのサーキットしか知らないから、たくさんのことを学ばないと。でも、ベン・スピースのように勝ちながら学ぶこともできるはずだ。僕はできることをやるだけだ。」

ジャック&ジョーンズ・バイ・アントニオ・バンデラスは、17日から3日間、カタルーニャ・サーキットでテストを行う。

Tags:
Moto2, 2010, Jack & Jones by A.Banderas

Other updates you may be interested in ›