初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン、総合3番手にジャップアップ

N.ヘイデン、総合3番手にジャップアップ

ドゥカティ2年目のヘイデンが、2度目のテストでジャップアップに成功した。

ドゥカティ・マールボロのニッキー・ヘイデンは、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた今年2度目のオフィシャルテストに参加。総合3番手に浮上した。

前回のテスト終了後、腕上がり症状を克服するため、スペインで右前腕の手術を受けた28歳のアメリカ人ライダーは、1日目に回復したことを確認したが、負担をかけずに、前回の再チェックとジオメトリーの調整に専念。

2日目には、1ラップ目に昨年のグランプリ予選で記録した自己最速(2分01秒980)を更新すると、2分01秒台を連発。20ラップ目には初めて2分00秒台に進出して、初日の11番手から3番手に浮上した。

「すごく嬉しい。昨日の午後に試した調整により、猛暑だったけどコンマ2秒タイムアップでき、コースコンディションが良くなった今日の午前に、それが本当に正しかったことを確認した」と、テストプログラムが順調に進んだことを説明。

「幾つかの連続テストで、少しずつ前進し、最終的に大きくステップアップ。速く走ることができた。」

「手術した腕のダメージはないけど、まだ全開ではない。特にハードブレーキングでパワー不足を感じるけど、順調に回復した。満足感を得て、セパンを発つことができる。」

まだ体調が万全ではない中で、一気にトップ2に接近したヘイデンは、3月18日からロサイル・インターナショナル・サーキットで開催される今年最後のオフィシャルテストに参加する。

セパンテストのリザルト
2月26日: 2分00秒703 (42ラップ)
2月25日: 2分02秒221 (61ラップ)

2月5日: 2分02秒493 (55ラップ)
2月4日: 2分02秒792 (46ラップ)

2009年第16戦マレーシアGP
公式予選: 2分01秒980
レースベストラップ: 2分15秒258

ポールタイム: 2分00秒518
ファーステストラップ: 2分13秒649

サーキットレコードラップ: 2分02秒108
サーキットベストラップ: 2分00秒518

Tags:
MotoGP, 2010, Nicky Hayden, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›