初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

テクニカルディレクターがMoto2エンジンを説明

テクニカルディレクターがMoto2エンジンを説明

Moto2エンジンは、信頼性、統一レベル、競争力の3本柱から開発された。

チャンピオンシップのテクニカルディレクター、マイク・ウェッブは、オフィシャルテストで初めてチームに供給されたMoto2エンジンについて、詳細を説明した。

チャンピオンシップ初のワンメイクエンジンに関して、「全ての上に信頼性。同レベルのパフォーマンス。そして、競争力。この3つの目標を考えました。ホンダCBR600がベースです」と、説明。

「エンジンは、約140馬力。今回のテストパフォーマンスを見ると、グレートなチャンピオンシップになると言うことができます。」

「初日のテスト終了後、各チームのチーフメカニックたちと会話を持ち、彼らは満足しています。チームが準備のために使用してきたエンジンとほぼ同じようなパフォーマンスだとコメントがありました。これは新しいエンジンで、少し走り込めば、パフォーマンスはもっと良くなります。」

「私はテストの展開に大変満足です。転倒により、ちょっとした問題がありましたが、ラップタイムは大変良いです。コンディションはまだ寒いですが、250ccクラスのレースよりも1秒速いです。」

バレンシアで初テストを終えたMoto2クラスは、ヘレスに移動。6日から3日間のテストを実施する。

Tags:
Moto2, 2010

Other updates you may be interested in ›