Tickets purchase
VideoPass purchase

青山博一、2度目のテストでホンダ勢3番手に浮上

青山博一、2度目のテストでホンダ勢3番手に浮上

前回から1.5秒伸ばした青山が、ホンダのレギュラーライダー2人に続く順位に位置した。

インターウェッテン・ホンダの青山博一は、セパン・インターナショナル・サーキットで行われた今年2度目のオフィシャルテストに参加。ホンダ勢の3番手となる総合9位に進出した。

前回、10年型RC212Vをシェイクダウンさせた最後の250ccクラス王者青山は、1日目からフロントとリアのフィーリングアップを目的にテストを進めると、2度目のコースインで前回のラップタイムを更新。2日目のタイムアップ30分前には、2分01秒台を連発した。

「この前のテストは、いまいちだったですが、フロントとリアのフィーリングを中心に仕事を始め、走り出しからいい感じがありました。まだ完璧とは言えないので、もっと詰めて行きます」と、振り返った。

「タイム的には、ベストを更新しているので、まずまず。いい方向に進んでいると思います。」

前回から一気に1.503秒伸ばした青山は、3月18日からロサイル・インターナショナル・サーキットで開催される今年最後のオフィシャルテストに参加する。

セパンテストのリザルト
2月26日: 2分01秒692 (50ラップ)
2月25日: 2分02秒419 (57ラップ)

2月5日: 2分03秒195 (56ラップ)
2月4日: 2分03秒651 (66ラップ)

12月21日: 2分02秒30 (48ラップ)
12月22日: 2分03秒25 (43ラップ)
12月23日: 2分04秒38 (68ラップ)

2009年第16戦マレーシアGP
ポールタイム: 2分00秒518
ファーステストラップ: 2分13秒649

サーキットレコードラップ: 2分02秒108
サーキットベストラップ: 2分00秒518

Tags:
MotoGP, 2010, Hiroshi Aoyama, Interwetten Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›