初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

Y.エルナンデェス、9番手から2番手に浮上

Y.エルナンデェス、9番手から2番手に浮上

ロードレースの経験が僅か1年のエルナンデェスが、ヘレスで2番手に進出した。

ブルセンス‐STXのヨンニ・エルナンデスは、バレンシアとヘレスで開催されたオフィシャルテストに参加。総合9番手と2番手に進出した。

スペイン選手権スーパースポーツクラス出身のコロンビア人ライダーは、Moto2マシンを初ライドした2月中旬のカタルーニャ合同テストで総合6番手に進出すると、初のオフィシャルテストとなったバレンシアでは9番手。ヘレスでは、2日目のドライコンディションで2番時計を刻んだ。

「初めてのオフィシャルテストでトップ10入りは、バイクの経験がないことを考えれば、ポジティブだ。チャタリングとリアのトラクション不足に問題があったけど、この結果だ。コースイン毎にフィーリングが良くなっている」と、総括。

「ヘレスの初日は、チームがリスクを回避することを決めたから、コースに出なかったけど、ウェットで走る必要があるから、コースインすることを決断した。そうしたら、2度も転んでしまった。2日目は、フロントが跳ねる問題があったけど、グッドな走りができた。」

「初シーズンはグッドなことができる。優勝できるとか、上位に進出できるとかを言うのではない。今はそんなことを言う時期ではないけど、トップ10入りは、ポジティブなリザルトだ。」

史上2人目となるコロンビア出身のエルナンデスは、今月末のオフィシャルテスト)に参加。開幕戦に向けて最後の準備に挑む。

Tags:
Moto2, 2010, MZ Racing Team

Other updates you may be interested in ›