初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

F.ニエト、6年ぶりの復帰に向けて精力的に走行

F.ニエト、6年ぶりの復帰に向けて精力的に走行

1年間のブランクを克服するため、ニエトが周回を重ねた。

G22・ホリデージムのフォンシ・ニエトは、6年ぶりのグランプリ復帰に向けて、バレンシアとヘレスで開催されたオフィシャルテストに参加。積極的に周回を重ねた。

2004年以来となるレギュラー参戦に向け、スキー場でトレーニング合宿を実施した31歳のスペイン人ライダーは、カタルーニャ合同テストで、モリワキのMD600をシェイクダウン。1年間実戦から遠ざかっていたことから、走り込みの必要性を訴えると、バレンシアで121ラップ、ヘレスで114ラップを走行。

「僕は周回数が少ないライダーだから、それが大きく影響している。この天候には満足できないけど、チームと僕たちの仕事には満足。ナイスなエキサイティングなシーズンになるだろう。ちょっとしたミスがポジションを落としてしまうことを確認した」と、総合24番手で終わったテストを振り返った。

チームマネージャー2年目のパブロ・ニエトは、「チームはいい仕事をしている。結束していることにも満足。2人のライダーはバイクとクラスに適応するために走り込みが必要だ」と、評価した。

テクニカルディレクターに元カワサキ・レーシングの金子直也を迎えたスパニッシュチームは、プレシーズン最後のオフィシャルテスト(3月27日~29日)に参加。開幕戦に向けて、最後の調整に取り組む。

Tags:
Moto2, 2010, Fonsi Nieto, Holiday Gym G22

Other updates you may be interested in ›