初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

オフィシャルテスト3日目:C.コルティが最終日を制す

オフィシャルテスト3日目:C.コルティが最終日を制す

スーパーストック1000出身のコルティが最終セッションを制した一方で、エリアスが左手を負傷した。

Moto2クラスのオフィシャルテストは29日、ヘレス・サーキットで行われ、クラウデュオ・コルティがトップタイムをマークした。

3日間連続して、好天候に恵まれた中、 10時からの合同セッションで、スーパーストック1000欧州選手権出身のコルティが1分44秒044の1番時計を刻むと、2番手のトニ・エリアス、4番手のスコット・リーディング、8番手のアンソニー・ウエストが1分44秒台のリズムで周回。11番手の富沢祥也と15番手の高橋裕紀を含む15人が1分45秒台を突破した。

16時から16時50分までの単独セッションでは、雨が降る中、アレックス・バルドリーニが11ラップを走行。ベルナト・マルティネス、ステファン・ブラドル、アンドレア・イアンノーネがコースインしたが、直ぐにテストを切り上げた。

エリアスは、合同セッション中に125ccクラスのライダーとの接触を避けた際に転倒。左手を負傷したことから、バルセロナ市内の病院で精密検査を受けるために、昼過ぎにサーキットを後にした。

今回のテストでは、走行距離を750キロまでと限定。エンジンメンテナンスを担当するゲオ・テクノロジーは、今回のテストで使用したエンジンを回収した後、開幕戦カタールGPと第2戦日本GPに使用するエンジンを各チームに提供した。

開幕戦は、4月9日に開幕。11日に決勝レースが行われる。

3月27日: 1分44秒077 (T.エリアス)
3月28日: 1分44秒552 (高橋裕紀)
3月29日: 1分44秒044 (C.コルティ)

3月6日: 1分55秒835 (A.デアンジェリス)
3月7日: 1分45秒024 (T.エリアス)
3月8日: 1分55秒280 (A.デアンジェリス)

Tags:
Moto2, 2010

Other updates you may be interested in ›