初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

オフィシャルテスト3日目:E.ラバット、初の1番時計

オフィシャルテスト3日目:E.ラバット、初の1番時計

悪天候に見舞われた中、10人が意欲的に周回を重ねた。

125ccクラスのオフィシャルテスト3日目は8日、ヘレス・サーキットで行われ、エステベ・ラバッドがトップタイムをマークした。

10時から15時50分までの合同テストは、午前中まで降り続いた雨の影響を受けたウェットコンディションの中、ブラドリー・スミス、ルイス・サロン、エフレン・バスケス、ポル・エスパルガロ、 マンセル・シュレッターら9人が積極的に周回を重ねると、ラバッドが1分57秒347の1番時計を記録。

17時から18時までの単独セッションでは、バスケス、エスパルガロ、サロン、ランディ・クルメンナッハの4人だけがテストを行い、2日目を制したマルク・マルケスや小山知良らは、走行を見送った。

2度目のオフィシャルテストを終了した125ccクラスは、今月26日に当地に再集結。27日から3日間、開幕前最後のテストを実施する。

Tags:
125cc, 2010

Other updates you may be interested in ›