初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

リーディング:「ものごとが簡単になってきた」

リーディング:「ものごとが簡単になってきた」

クラス最年少のリーディングが、3度目のテストで一気に飛躍した。

マーク・VDSのスコット・リーディングは29日、オフィシャルテストの全日程を終了。2日目の合同セッションでトップタイムをマークした。

ベルギーの新規参戦チームに合流した17歳の英国人ライダーは、2月17日からの合同テストで、シューターのプロトタイプマシンをシェイクダウン。

エンジンが提供された3月1日からのオフィシャルテストで本格的な走り込みを開始すると、3度目の1日目に13番手と6番手に入り、総合9番手に進出。2日目の合同セッションで1番時計。3日目には1分44秒台を最多の11回記録した。

「僕は身長が伸びたから、大きなバイクがベターだ。昨年の125ccでは問題があり、レースを終わらすことができなかった。それに、シートが見つからない厳しい時期を過ごした。クリスマス中に、ようやく、契約できたから、彼らへの感謝の印として、僕は全力を尽くさないといけない」と、テスト終了後に語った。

「最初に乗ったとき、直ぐに気に入ったけど、タイムが出なかった。バイクは良く走った。バイクは大きい方がいいけど、ポテンシャルをコントロールしないと。ライディングスタイルを変えることを強いられたけど、タイムが出てきて、ものごとが簡単になってきた。」

クラス最年少のリーディングは、新規参戦のマーク・VDSから開幕戦カタールGPに挑戦する。

オフィシャルテストのリザルト

ヘレス: 総合4位 (167ラップ)
3月29日: 1分44秒394 (37ラップ)
3月28日: 1分44秒600 (57)
3月27日: 1分45秒115 (73)
ベストタイム: 1分44秒044

ヘレス: 総合30位 (105ラップ)
3月8日: 1分57秒171 (33)
3月7日: 1分47秒561 (55)
3月6日: 2分00秒550 (17)
ベストタイム: 1分45秒024

バレンシア: 総合28位 (147ラップ)
3月3日: 1分57秒630 (16)
3月2日: 1分39秒198 (58)
3月1日: 1分39秒782 (73)
ベストタイム: 1分45秒024

Tags:
Moto2, 2010, Scott Redding, Marc VDS Racing Team

Other updates you may be interested in ›