Tickets purchase
VideoPass purchase

M.ジュファミ、開幕戦に向けて熱走の最多ラップ

史上2人目のマレーシア人ライダーが、初参戦に向けて、意欲的に周回を重ねた。

エアアジア‐セパン・インターナショナル・サーキットのモハメド・ズルファミ・カイルディンは29日、参加者最多の199ラップを走り、プレシーズンの全日程を終了した。

チームの母体であるワイルドワイドコミュニケーション、MotoGPのプロモーターであるドルナスポーツ、マレーシアGPの舞台セパン・サーキットのコラボレーションにより、立ち上がったマレーシアンプロジェクト出身のズルファミは、初参戦に向けて、スペイン選手権最終戦バレンシア・ラウンドに参加すると、バレンシア、ヘレスで行われた3度のオフィシャルテストで意欲的に周回を重ねた。

「僕たちは成長している。コンスタントにタイムが伸びている。カタールでは、ポイント圏内でフィニッシュすることは難しいだろう。シーズンを通して、厳しいレースが続くだろう。でも、僕はここに経験を積むためにいる。これが第一の目標だ」と、テスト終了後に、抱負を語った。

2000年から3年間、ヤマハ・ペテルナスから参戦したシャーロル・ユージィー以来となる2人目のマレーシア人ライダーは、将来に向けて、経験を積む。

オフィシャルテストのリザルト

ヘレス: 総合23位 (199ラップ)
3月29日: 1分50秒763 (44ラップ)
3月28日: 1分50秒963 (69)
3月27日: 1分51秒018 (86)
ベストタイム: 1分46秒492

ヘレス: 総合22位 (85ラップ)
3月8日: キャンセル
3月7日: 1分53秒863 (52)
3月6日: 2分01秒124 (33)
ベストタイム: 1分47秒473

サーキットレコードラップ: 1分47秒404
サーキットベストラップ: 1分46秒937

バレンシア: 総合23位 (63ラップ)
3月3日: キャンセル
3月2日: 1分45秒468 (44)
3月1日: 1分48秒364 (19)
ベストタイム: 1分41秒280

サーキットレコードラップ: 1分39秒380
サーキットベストラップ: 1分39秒029

Tags:
125cc, 2010, Zulfahmi Khairuddin, AirAsia - Sepang Int. Circuit

Other updates you may be interested in ›