初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マーク・VDS、ライダー変更を発表

マーク・VDS、ライダー変更を発表

新規参戦チームが、ベルギー人ライダーの起用を断念した。

マーク・VDS・レーシングは4日、ヴィンセント・ロンボアに替わり、エクトル・ファウベルを起用することを発表した。

ベルギーの新規参戦チームは、昨年スーパーストック600欧州選手権でランク3位だったベルギー出身のヤングライダーを起用する予定で、合計4度のテストに参加したが、シューター製のプロトタイプに順応できず、最後のテストでは最後尾に後退。

ストップ・アンド・ゴーからの参戦を予定しながら、最終的に交渉が成立せず、シートを失っていたファウベルを抜擢することとなった。

チームマネージャーのミシェル・バルトメリーは、「ヴィンセントは、プロダクションバイクからの乗り換えに専念してきました。ヘレスで行われた最後のテストでは、上手く走れるだろうと期待していましたが、最終日になっても、タイムが良くならず、彼は非常の乗り難そうでした」と、説明。

「彼のライディングスタイルが、単純に我々のバイクに適応しないのは明らかです。そこで、シーズンが始まる前ですが、非常に困難な決断を下しました。我々はベルギーのチームであり、ベルギーのライダーにチャンスを与えることが重要だと考えましたが、チームにとって、ヴィンセント自身にとっても、これは判断は正しかったと思います。」

「我々は、戦闘力の高いチームを結成して、チャンピオンシップに参戦することを決めました。そのためには、上位に進出できる2人のライダーを起用することが要求されます。経験のあるエクトルが、素早くシューターMMXに適応すると確信します。テストの時間がありませんが、ヨーロッパの開幕戦となる第3戦スペインGPまでには、準備が整うと期待します。」

マーク・VDS・レーシングは、最後のテストで存在感を示したスコット・リーディングとエクトル・ファウベルの体制で、初のチャンピオンシップに挑戦する。

Tags:
Moto2, 2010, Vincent Lonbois, Marc VDS Racing Team

Other updates you may be interested in ›