初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

開幕戦カタールGP125ccクラスプレビュー

開幕戦カタールGP125ccクラスプレビュー

26人のヤングライダーたちが、62代目のチャンピオンを目指す。

開幕戦カタールGPは、4月9日に開幕。成長著しいヤングライダーたちが、初タイトル獲得に向け、バトルを始める。

王者フリアン・シモンをはじめ、ランク5位のセルジオ・ガデア、ランク7位のアンドレア・イアンノーネ、ランク9位のジョアン・オリベ、ランク10位のステファン・ブラドル、ランク11位のシモーネ・コルシ、ランク13位のドミニケ・エジャーター、ランク15位のスコット・リーディングら、合計8人がMoto2クラス進出した中、マルク・マルケスがスペイン国内で開催された3度のオフィシャルテストを制した。

優勝経験がなく、表彰台獲得は僅か2回だけのマルケスは、3年前にタイトルを獲得したアジョ・モータースポーツに移籍。圧倒的な速さで、1番時計を連発。成長したパフォーマンスを見せた。

昨年タイトル争いを展開したランク2位のブラドリー・スミスは、中量級進出を見送り、4年間で3度のチャンピオンを輩出したバンカハ・アスパルからの継続参戦を決意。安定感が増したランク3位のニコラス・テロールが、チームメイトに抜擢された。

昨年の第12戦インディアナポリスGPで初優勝を飾ってから、安定して表彰台争いを繰り広げたポル・エスパルガロは、昨年の調子を維持。テストで速さを見せた。

オフィシャルテストでは、常に5人がセッションをリードした中、エフレン・バスケス、サンドロ・コルテセ、エステベ・ラドットの3人が、彼らに次ぐパフォーマンスを見せた。

10人のルーキー勢の中では、スペイン選手権王者のアルベルト・モンカヨとドイツ選手権王者のマンセル・シュレッターが存在感を見せた。

唯一の日本勢となった小山知良は、レーシング・チーム・ジャーマニーに移籍。天候に恵まれず、今季使用するアプリリアで走り込みができなかったが、徐々に仕上げ、本来のパフォーマンスを発揮できる状況になってきた。

Tags:
125cc, 2010, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›