Tickets purchase
VideoPass purchase

史上初のカタール人ライダー、アル・ナイミが地元でデビュー

史上初のカタール人ライダー、アル・ナイミが地元でデビュー

地元出身のアル・ナイミが、ポイント圏内でのフィニッシュを狙う。

ブルセンス‐STXのマシェル・アル・ナイミは、チャンピオンシップ初のカタール人ライダーとして、地元開催の開幕戦カタールGPでデビューする。

スペイン選手権、世界耐久選手権を経由して、Moto2クラスにエントリーする地元ドーハ出身のアル・ナイミは、「このグランプリは2つの理由で1年で最も大切。1つは、チャンピオンシップのデビュー戦。もう1つは、地元でのグランプリだ」と、開幕戦の重要性を強調。

「この2つの条件が、プレッシャーではなく、モチベーションになることを願う。完璧に知り尽くしているトラックで、この並外れたチャンピオンシップにデビューする。このことが、トップ15以内、ポイント圏内でフィニッシュするというグレートなリザルト獲得に役立つだろう。」

「非常に困難であることは覚悟しているけど、僕もメカニックたちも、プレシーズンではハードに働き、グッドな進歩を果たした。全力を尽くす。」

Tags:
Moto2, 2010, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, Mashel Al Naimi, Blusens-STX

Other updates you may be interested in ›