初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:A.デアンジェリスが初セッションを制す

フリー走行1:A.デアンジェリスが初セッションを制す

最高峰クラスへの復活を狙うデ・アンジェリスが、新カテゴリーの初セッションで1番時計を刻んだ。

開幕戦カタールGPのフリー走行1は9日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、アレックス・デ・アンジェリスがトップタイムをマークした。

現地時間21時15分、気温27度、路面温度27度のドライコンディションの中、2010年シーズンの初セッションがスタート。

オフィシャルテストで好パフォーマンスを見せたデ・アンジェリスは、4度目のコースインで2分03秒台を連発。チームが開発したオリジナルマシンで、2分03秒239の1番時計を記録した。

3度目のテストで一気に上位に進出したスコット・リーディングと現125ccクラス王者のフリアン・シモンは、2分03秒台に進出。ドミニケ・エジャーター、ステファン・ブラドルの125ccクラスからの昇格組みが続き、ロベルト・ロルフォ、アレックス・デボン、カレル・アブラハム、ガボール・タルマクシ、アレックス・バンドリーニがトップ10入り。シューター勢4台が進出した。

日本勢は、高橋裕紀が20ラップを走行。11番手に入れば、 富沢祥也は15ラップを走行して、14番手。

松葉杖でサーキットに姿を見せたトニ・エリアスは、モリワキ勢のトップとなる13番手。20番手のアンソニー・ウエストまでが、トップから2秒差以内に入った。

昨年まで世界耐久選手権に参戦していたフランス人のアンソニー・デラールが、地元のカタール・エンデュランス・レーシング・チームからワイルドカード参戦。BQRを使用して、37番手だった。

明日のフリー走行2と公式予選は、現地時間の20時10分と24時10分にスタート。日本時間の午前2時10分と午前6時10分に行われる。

フリー走行1
1. A.デアンジェリス: 2分03秒239
2. S.リーディング: +0.595
3. J.シモン: +0.629
4. D.エジャーター: +0.828
5. S.ブラドル: +0.871
11. 高橋裕紀: +1298
14. 富沢祥也: +1.325

250ccクラス
サーキットレコードラップ: 1分59秒379
サーキットベストラップ: 1分59秒379

Tags:
Moto2, 2010, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, FP1

Other updates you may be interested in ›