初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、負傷の影響なし

J.ロレンソ、負傷の影響なし

ロレンソが、2番時計を刻み、骨折の影響がないことを証明した。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、開幕戦カタールGPのフリー走行1で2番時計を記録した。

3週間前のオフィシャルテストでは、2月中旬に右手を骨折したことから、プッシュできなかったが、1度目のコースインで連続9ラップを走行すると、2度目には1分57秒台を突破。

「大満足。手のレスポンスには驚いた。プロテクターなしでバイクに乗れ、上手く走れた。痛みはなく、テストよりも状態がすごくいい。グッドなスタートだ」と、負傷の影響がないことを確認。

3度目のコースでは、1分55秒台に進出する勢いでタイムを刻んでいたが、21ラップ目に転倒を喫した。

「クラッシュは残念。あの時は全開でプッシュしているところで、白線に乗ってしまう小さなミスを犯してしまった。ダメージがなかったのはラッキー。幾つかのポイントでまだ働かなければいけない。」

転倒を喫したロレンソだったが、負傷の影響がないことを証明するパフォーマンスを見せた。

フリー走行1
1. C.ストーナー: 1分55秒500
2. J.ロレンソ: +0.526
3. V.ロッシ: +0.528
4. A.ドビツィオーソ: +1.198
5. N.ヘイデン: +1.293

サーキットレコードラップ: 1分55秒153
サーキットベストラップ: 1分53秒927

Tags:
MotoGP, 2010, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›