初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、3番手発進

V.ロッシ、3番手発進

3番手だったロッシは、ギャップを詰めるために、仕事を続けることを強調した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、開幕戦カタールGPのフリー走行1で3番時計を記録した。

3週間前のオフィシャルテストで、初日に1番手、2日目に2番手に入り、好感触を得て、初セッションを迎えたが、フロントがスリップする問題に見舞われた。

「もう少し行けると思っていた。タイムは悪くない。テストとほぼ同じように走ったけど、特にフロントがすごく滑った。好きなように走らせるには、もう少し改善しないと。」

「ケーシーとのギャップは、テストの時よりも大きい。彼はテストの最終日にソフトタイヤで走り、僕はそれを使わなかった。今日の彼はハードタイヤでタイムを出したから、僕は仕事を続けないと。」

「彼に近づかないと。明日に向けて、サスペンションと足回りを変更するテストがある。それがグリップアップに役立つことを願う。」

0.02秒差で2番手に進出したチームメイトのホルヘ・ロレンソについては、「想像通りにケガから回復している。3週間前の時点で、すごく走れていて、すごく強かったから、もう100%だ」と、語った。

0.528秒差のギャップを詰めるために、ロッシはフロントのグリップアップに取り組む。

フリー走行1
1. C.ストーナー: 1分55秒500
2. J.ロレンソ: +0.526
3. V.ロッシ: +0.528
4. A.ドビツィオーソ: +1.198
5. N.ヘイデン: +1.293

サーキットレコードラップ: 1分55秒153
サーキットベストラップ: 1分53秒927

Tags:
MotoGP, 2010, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›