初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ:「気持ちで走った」

J.ロレンソ:「気持ちで走った」

頭脳よりも、気持ちで走って、5年連続となる開幕戦表彰台を獲得した。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、開幕戦カタールGPの決勝レースで、3番グリッドから2位。最高峰クラスにデビューしてから、3年連続して表彰台を獲得した。

3週間前のテストタイム(1分56秒504)をフリー走行1で更新して、骨折した右手の状態が回復していることを証明すると、決勝レースでは周回を重ねるごとにペースがアップ。ラスト2ラップに2人を抜き去った。

「頭のスイッチを切って、気持ちで走らなければいけなかったから、2位に満足だ」と、最高峰クラス通算19度目の表彰台を振り返った。

「まだ手は完璧ではないけど、一番の問題は激しく滑ったこと、フルタンクの状態で苦労したこと。計画はリスクを冒さないことだったけど、途中からアドレナリンがアップして、全開で走ってしまった。」

「ガソリンが消耗して、前に近づき始め、リスクを冒した。すごくいいパッシングで、最終的なリザルトは、僕たちのチームにとって、ファンタスティックだ。次はもてぎ。昨年勝ったところだ。もっと戦闘力が持てるように、体調が良くなることを願う。」

次戦は、3番グリッドから優勝を飾った日本GPを迎える。

Tags:
MotoGP, 2010, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›