Tickets purchase
VideoPass purchase

第2戦スペインGP‐125ccクラスプレビュー

第2戦スペインGP‐125ccクラスプレビュー

開幕戦で上位を独占したスペイン勢が地元グランプリに挑む。

第2戦スペインGPは今週末、アンダルシア地方のヘレス・サーキットで開催。開幕戦で上位を独占したスペイン勢が地元で優勝争いに挑む。

インテリジェンスな走りで、開幕戦を制したニコラス・テロールは、ポイントリーダーとして、地元に凱旋。昨年は序盤で低迷しただけに、勢いに乗りたいところ。

プレシーズンから安定して上位に進出しているエフレン・バスケスは、開幕戦で成長したライディングを披露。昨年初めて表彰台争いを演じた舞台に挑む。

ポールポジションから積極的な走りを見せたマルク・マルケスは、2度のオフィシャルテストを制した舞台に戻れば、ポル・エスパルガロ、エステベ・ラバットも地元での上位進出を狙う。

プレシーズンからスペイン勢と比べ、調整が遅れたスペイン選手権出身の英国人ブラドリー・スミスは、昨年2番グリッドから独走優勝した舞台で、浮上のきっかけを掴みたいところ。

現スペイン選手権王者のアルベルト・モンカヨは、開幕戦で新人勢最高位の13位に進出。地元の利を活かして、トップ10入りを目指す。

昨季の新人王ジョナス・フォルガーは、昨年最後尾から驚異的なポジション奪取を見せた。スペイン選手権のデビュー戦で鮮烈なデビュー戦を飾った舞台で、再び上位進出を狙う。

唯一の日本勢、小山知良は、昨年1年間ほとんど周回を重ねることができなかったが、開幕戦では、型落ちアプリリアで8位争いを展開。存在感をアピールし、マシンに慣れ、レース感覚が戻れば、ファクトリーマシンを走らせる台頭著しいヤングライダーたちに対抗できることを証明した。

Tags:
125cc, 2010, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›