初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.デボン、平常心を強調

A.デボン、平常心を強調

地元レースも気負いせずに、グリップ維持のセッティングを見つけることを示した。

アエロプエルト・カステヨン‐アジョのアレックス・デボンは、地元グランプリとなる第2戦スペインGPを前に、気負いせず、通常のレースウィークのように臨むことを強調した。

開幕戦で8番グリッドから2位を獲得したクラス最年長34歳のスペイン人ライダーは、週末のアクションを前に、「ヘレスはホームグランプリだから、当然スペイン人ファンのために勝ちたいけど、通常のレースウィークのように、バイクをベストに仕上げるために、チームと一緒に仕事に取り組むつもりだ」と、平常心で取り組むことを語った。

「グッドなセッティングを見つけられる自信がある。トラックを熟知しているから、全てが上手く行けば、グッドなレースができるだろう。」

「Moto2はファンタスティックなカテゴリーだ。バイクはものすごくイコール。これはポジティブなこと。アドバンテージを見つけるために、懸命に働かないと。カタールでは、終盤までグリップを維持するために、タイヤを温存するために働いた。これが重要だ。」

通算140戦目を迎えるデボンは、昨年通算3度目のポールポジションから転倒リタイヤしたスペインGPに挑戦する。

Tags:
Moto2, 2010, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Alex Debon, Aeroport de Castello - Ajo

Other updates you may be interested in ›