初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・マールボロ、GP10の戦闘力に自信大

ドゥカティ・マールボロ、GP10の戦闘力に自信大

開発の方向性とデータ収集により、苦手意識を払拭して、週末に臨む。

ドゥカティ・マールボロのケーシー・ストーナーとニッキー・ヘイデンは、週末の第2戦スペインGPを控え、デスモセディチGP10の開発の方向性に自信を見せた。

800ccクラスに移行してから、ドゥカティは毎年厳しいレースが続いてきたが、ストーナーが昨年3番グリッドから3位表彰台を獲得。

「このトラックは、僕たちにとって有利ではなかったけど、昨年は前進し、表彰台に登った。とにかく、過去は過去。金曜から、グッドなセッティングを見つけることを目的に、いつものように0から始める」と、開幕戦の転倒により、仕切り直しとなるレースに向けて、冷静に語った。

「このトラックは、グッドな操縦性とバランスが要求される。GP10の開発の方向性により、日曜に戦闘力をもたらせてくれるだろう。」

ドゥカティ2年目に向けて、好発進したヘイデンは、「僕たちの目標は、開幕戦のレベルを維持すること。そこから成長することだ。僕を全面的にバックアップするチームとバイクがある。トラックに戻ることが待ち切れない」と、期待感を膨らませた。

ドゥカティは、ヘレスをテストコースに指名。開発チームが11月(フランコ・バッタイーニ)、2月(ホセ・ルイス・カルドソ)、3月(フリアン・シモン)にデスモセディチGP10のテストを実施。データを収集していた。

C.ストーナーのスペインGPリザルト

MotoGPクラス
2009年: 3番グリッド ‐ 3位
2008年: 7番グリッド ‐ 11位
2007年: 5番グリッド ‐ 5位
2006年: 15番グリッド ‐ 6位

250cc
2005年: 3番グリッド ‐ 転倒リタイヤ
2002年: 7番グリッド ‐ 6位

125cc
2004年: 3番グリッド ‐ 5位
2003年: 11番グリッド ‐ 6位

N.ヘイデンのスペインGPリザルト

MotoGPクラス
2009年: 16番グリッド ‐ 15位
2008年: 4番グリッド ‐ 4位
2007年: 11番グリッド ‐ 7位
2006年: 4番グリッド ‐ 3位
2005年: 4番グリッド ‐ 転倒リタイヤ
2004年: 5番グリッド ‐ 7位
2003年: 19番グリッド ‐ 転倒リタイヤ

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Nicky Hayden, Casey Stoner, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›