初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マーク・VDS、ムジェロ経由のヘレス入り

マーク・VDS、ムジェロ経由のヘレス入り

走り込みが必要だったファウベルとリーディングが、第4戦の舞台でテストを行った。

マーク・VDS・レーシングは、第2戦スペインGPを前に、ムジェロで2日間のテストを実施した。

新規参戦チームは、開幕戦後、イタリアに直行。シューターの協力を得て、2日間のプライベートテストを実行。

開幕直前に起用が決まったエクトル・ファウベルと、125ccクラスから転向したスコット・リーディングにとっては、走り込む絶好の機会となった。

テストなしのぶっつけ本番で迎えた開幕戦では、32番グリッドから22位だったファウベルは、「ムジェロのテストは、僕にとって大切だった。経験を積むだけでなく、チームと一緒に仕事をして、コミニュケーションを取る絶好の機会となった」と、振り返った。

「ヘレスの前に少しでも走り込みたかったから 、日本で走れなかったのは残念。まだ僕は学習中だけど、目標はトップ10入りだ。」

3月末のヘレステストの2日目に1番時計を記録したリーディングだったが、オープニングレースでは17番グリッドから23位。

「がっかりだったレースの後だから、早く走りたい。それに3月のテストはすごく良かったから。僕自身2戦目に自信を持っている。トップ10が現実的な目標だ。」

「もし、計画通りにものごとが進めば、トップ5以内に入らなければいけない。でも、カタールのように、常にものごとが上手く行くことはない。正真正銘のポテンシャルを見せる機会となることを願う。」

Tags:
Moto2, 2010, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Hector Faubel, Scott Redding, Marc VDS Racing Team

Other updates you may be interested in ›