初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハ、スターティンググリッドOK

フィアット・ヤマハ、スターティンググリッドOK

ロッシとロレンソは、ファンの前でスペクタクロなレースをすることを宣言した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソは、第2戦スペインGPの公式予選で4番手と2番手だった。

初日は右肩の痛みを訴えていたロッシだったが、「状態はすごく良い。クリニカ・モービルのスタッフたちに感謝しないと。力が足りないけど、痛みが弱まった」と、説明。

公式予選では、最終ラップ目に4番時計を記録。「もちろん、1列目に位置したかったけど、4番グリッドはOK」と、評価した。

「午前から僕たちは大きく進歩したから嬉しい。午後はハードタイヤで39秒台に進出した。僕たちは速いけど、まだ十分にコンスタントではないから、この分野に関して、仕事に取り組まなければいけない。」

フリー走行2を制したロレンソは、路面温度が32度から49度に浮上したことで、リズムを掴みきれなかったことを説明。

「午前は速かった。午後も速く走ることを期待していたけど、気温が上がり、同じようなリズムを維持できなかった。」

「ラップタイムは悪くない。1列目からのスタートは重要だ。ファンの前でグッドなレースする自信がある。」

V.ロッシのスペインGPリザルト

MotoGP/500ccクラス
2009年: 4番グリッド ‐ 優勝
2008年: 5番グリッド ‐ 2位
2007年: 2番グリッド ‐ 優勝
2006年: 9番グリッド ‐ 14位
2005年: ポールポジション ‐ 優勝
2004年: ポールポジション ‐ 4位
2003年: 5番グリッド ‐ 優勝
2002年: ポールポジション ‐ 優勝
2001年: ポールポジション ‐ 優勝
2000年: 2番グリッド ‐ 3位

250cc
1999年: 3番グリッド ‐ 優勝
1998年: 3番グリッド ‐ 2位

125cc
1997年: 6番グリッド ‐ 優勝
1996年: 7番グリッド ‐ 4位

J.ロレンソのスペインGPリザルト

MotoGPクラス
2009年: ポールポジション ‐ 転倒リタイヤ
2008年: ポールポジション ‐ 3位

250cc
2007年: ポールポジション ‐ 優勝
2006年: ポールポジション ‐ 優勝
2005年: 9番グリッド ‐ 6位

125cc
2004年: 14番グリッド ‐ 転倒リタイヤ
2003年: 22番グリッド ‐ 15位
2002年: 33番グリッド ‐ 22位

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›