初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:M.マルケス、2戦連続のポール奪取

公式予選:M.マルケス、2戦連続のポール奪取

マルケスがサーキットベストレコードを更新。地元スペン勢がトップ5を独占した。

第2戦スペインGPの公式予選は1日、ヘレス・サーキットで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温25度。路面温度45度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したマルケスが、マティア・パシーニが2006年に樹立したサーキットベストレコード(1分46秒937)を、0.108を秒更新する1分46秒829を記録。開幕戦に続き、2戦連続のトップグリッドを獲得した。

フリー走行2を制したポル・エスパルガロは、最後までポールポジション争いを展開。0.104秒差で、2戦連続の2番グリッドを獲得。

エフレン・バスケス、エステベ・ラバット、ニコラス・テロールが続き、地元スペイン勢がトップ5を独占。

サンドロ・コルテセ、ブラドリー・スミス、ダニ・ウェッブ、アルベルト・モンカヨ、ランディ・ド・クルメンナッハがトップ10入り。

フリー走行で連続の11番時計を記録した小山知良は、2.051秒差の11番手。3列目に入った。

明日の決勝レースは、現地時間の11時、日本時間18時にスタートする。

Tags:
125cc, 2010, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, QP

Other updates you may be interested in ›