初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.デアンジェリス:「全てOKだ」

A.デアンジェリス:「全てOKだ」

精密検査後、元気な姿でサーキットに戻ってきた。

サンマリノ・チーム・スコットのアレックス・デ・アンジェリスは、第2戦スペインGPの決勝レースをドクターストップにより、キャンセルした。

公式予選で26位だった26歳のサンマリノ人ライダーは、ウォームアップ走行の4ラップ目に、2コーナーの手前で転倒。クリニカ・モービルからヘレス市内の病院に運ばれた。

「検査のために病院に行った。全てOKだったけど、サーキットのドクターたちは、僕を走らせたくなかった」と、精密検査を終えた後、状況を説明した。

「スペクタクロなクラッシュが、ドクターたちをだましたのかもしれない。チームは懸命に頑張っていたし、スポンサーも招待していたから、僕たちにとっては残念だ。」

オープニングラップで転倒を喫した開幕戦に続き、2戦連続して、クラッシュKOとなったデ・アンジェリスは、次戦フランスGPに向けて、気持ちを切り替えた。

Tags:
Moto2, 2010, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Alex de Angelis, Bimota - M Racing

Other updates you may be interested in ›