初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ、ベストセッティングを発見

H.バルベラ、ベストセッティングを発見

意欲的に95ラップを走行して、今までに一番のセッティングが見つかったことを手放しに喜んだ。

パヒナス・アマリージャ・アスパルのエクトル・バルベラは、第2戦スペインGPの決勝レースで、14番グリッドから13位。ヘレステストでは17番手だったが、今後に役立つセッティングが見つかった。

11月にルーキーズテストを実施した舞台に戻ってきた23歳のスペイン人ライダーは、終盤7位争いのグループに接近した。

「このレースにもっと期待していた。ウォームアップ走行後に、暑さを考慮して、フロントのサスペンションを調整したけど、これが間違いだった。バイクに安定感がなかった」と、レースを振り返った。

サーキットに延滞して参加したテストでは、セッティングを見直すと、14度目のコースインで好感触を掴んだ。

「今日は全てを試した。レースとは全く違うセッティングでコースインしたけど、上手く機能しなかったので、元に戻したら、週末と似たようなタイムで走れた。そこから、フロントとリアに解決策を試した。エンジンのパワーデリバリーも調整。最後のコースインが一番ポジティブで、レースよりも速く走れた。」

「時間は18時前。一日中テストに取り組んで、体力が消耗していることを考えれば、すごく良かった。最後に、ドゥカティに乗り始めてから、一番のセッティングが見つかった。昨日のリザルトはあまり良くなかったけど、今日は大きな生産日となり、僕は幸せだ。今後のシーズンに役立つことを期待する。」

走り慣れたコースで、ベストセッティングが見つかったバルベラは、2週間後にフランスGPに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Hector Barbera, Paginas Amarillas Aspar

Other updates you may be interested in ›