Tickets purchase
VideoPass purchase

インターウェッテン・ホンダ、ベースセッティングが見つかる

インターウェッテン・ホンダ、ベースセッティングが見つかる

厳しいレースを経験した後、今後につながるベースセッティングが見つかった。

インターウェッテン・ホンダは、第2戦スペインGP終了後、ヘレス・サーキットに延滞。オフィシャルテストに参加した。

単独走行を強いられ、厳しいレースを経験した青山博一は、悔しさをぶつけるように、誰よりも早くコースイン。意欲的に97ラップを走行すると、セッション終盤には1分40秒台のリズムを掴み、好感触を得た。

テクニカルディレクターのトム・ジェジックは、「今日はたくさんのことにトライすることができました。本当にポジティブで、ヒロがコンファタブルに感じるグッドなベースセットアップを見つけました。今後はレーストラック毎にバイクをアジェストするだけです」と、重要なテストとなったことを説明。

「今回のテストでは、ラップタイムに集中しませんでした。望んでいた全てのテストを終えることができ、今はルマンを待つばかりです。」

チームマネージャーのダニエル・エップは、「我々にとって貴重なテストとなり、このようなことは以前にありませんでした。ヒロがグッドと感じるグッドなベースセッティングが見つかったことにハッピーです。フランスでどのような走りが見られるか大変楽しみです」

インターウェッテン・ホンダは、テスト後イベリア半島を北上。8日に、サッカー・スペインリーグのエスパニョールが所有するバルセロナ郊外のスタジアムでチーム発表会を行う。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO bwin DE ESPAÑA, Interwetten Honda MotoGP

Other updates you may be interested in ›