初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン選手権:ヤングライダーたちが再び存在感をアピール

スペイン選手権:ヤングライダーたちが再び存在感をアピール

世界への登竜門125ccクラスに、尾野と権藤の2人が挑戦した。

スペイン選手権の第2戦は9日、アルバセテで決勝レースが行われ、マーベリック・ビニャーレス、ケブ・コフラン、チャビエル・フォーレスが優勝を飾った。

125ccクラスは、44人がエントリー。前戦3位のビリャーレスがポールポジションから独走優勝すれば、前戦2位のミゲール・オリベイラが2番グリッドから2位。元125ccクラス王者のロベルト・ロカテリが指導するイタリア連盟のチームに所属するアレッサンドロ・トヌッチが3位に入り、スペイン人、ポルトガル人、イタリア人が表彰台を獲得。

スペイン選手権フル参戦2戦目を迎える尾野弘樹は、14番グリッドから14位。初レースとなった今年イタリア選手権にフル参戦する権藤俊光は、4番グリッドから20位だった。

Moto2クラスは、開幕戦の32人を上回る34人がエントリー。昨年のスーパースポーツクラス王者のコフランとエクストリームクラス王者のカルメロ・モラーレスが優勝争いを展開。5番グリッドのコフランが、ポールポジションのモラーレスを0.367秒差で制した。

前戦2位のダニエル・リバスが3位入り、FTR、シューター、ハリスが表彰台を獲得。前戦勝者のジョルディ・トーラスは6位だった。

ストックエクストリュームクラスは、40人がエントリー。前戦の勝者フォーレスがポール・トゥ・ウインを達成。今季から参戦するBMWに2連勝をもたらした。

次戦は、6月13日にヘレスで開催される。

Tags:
MotoGP, 2010

Other updates you may be interested in ›