初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マプフレ・アスパル、シューターに変更

マプフレ・アスパル、シューターに変更

2人の125ccクラス王者は、RSVからシューターに乗り換えることが決まった。

マプフレ・アスパルは12日、Moto2マシンをRSVからシューターに変更することを発表した。

昨年末、アプリリアの撤退により、マシンセレクションを実施。イタリアのRSVを選択したが、序盤2戦を終了して、期待通りの成績を残すことができないことから、現在チャンピオンシップをリードするスイスのシューターと交渉。フリアン・シモンとマイク・ディ・メッリオは、次戦フランスGPから使用することとなった。

チームマネージャーのホルヘ・マルティネス・アスパルは、「RSVは戦闘力のあるバイクですが、マプフレ・アスパルは2人のワールドチャンピオンを起用し、開発に時間を割くことができません。チームもスポンサーも、勝者に相応しい結果を獲得し始めなければいけません」と、変更の理由を説明。

「我々は、序盤2戦で効果的なパフォーマンスを見せ、ポイントリーダーであるシューターに変更することを選択しました。適した手段であり、次戦から直ぐにタイトル争いにチャレンジできると思います。RSVとの関係はエクセレントですが、我々はベストなマテリアルを準備しなければいけません。そのことから変更を決断しました。」

シモンとディ・メッリオは、12日にバレンシアのリカルド・トルモでテストを実施。シューターをシャイクダウンさせる。

RSVは、開発スピードをアップする目的で、スペイン選手権Moto2クラスに開発チーム(A&Rレーシングチーム)を派遣していたが、使用するタイヤが異なることから、期待通りに開発が進んでいなかった。

Tags:
Moto2, 2010, Mike Di Meglio, Julian Simon, Mapfre Aspar Team

Other updates you may be interested in ›