初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン選手権:17メーカーのMoto2マシンが登場

スペイン選手権:17メーカーのMoto2マシンが登場

ホンダCBRエンジンとミシュランタイヤのワンメイクレースとなるスペイン選手権のMoto2クラスに17メーカーが参戦した。

スペイン選手権の第2戦は9日、アルバセテで決勝レースが行われ、Moto2クラスはケブ・コフランが初優勝を飾った。

開幕戦では32人、16メーカーが参加したが、3週間後の開催となった今回の第2戦には、34人、17メーカーがエントリー。

昨年の同選手権スーパースポーツクラス王者のコフランは、アレックス・デボンがチームリーダーとなるアエロプエルト・カステヨン‐アジョのチーム体制同様に、元125ccクラス王者のエミリオ・アルサモーラがディレクターを務めるメカニック養成専門学校のサポートを受け、英国のFTRを使用。雨のため再スタートなったレースで、5番グリッドから2位でフィニッシュしたが、レースの合計タイムにより、2戦目を制した。

前戦エンジントラブルに見舞われた昨年同選手権エクストリームクラス王者のカルメロ・モラーレスは、シューターを駆け、ポールポジションからレース2位でトップフィニッシュ。僅少さの0.367秒差で2位となった。

開幕戦で1・2フィニッシュを決めたジャック&ジョーンズ・バイ・アントニオ・バンデラスの国内参戦チームに所属する前戦2位のダニエル・リバスが3位。前戦勝者のジョルディ・トーレスが6位。

第7戦カタルーニャGPで最高峰クラスにワイルドカード参戦を予定するインモテクのイバン・シルバは、同チームが開発するMoto2マシンで4位。前戦のリタイヤから信頼性が大きく増したことを証明した。

前戦3位に入り、第2戦スペインGPでワイルドカード参戦を経験したアンダルシア・カハソルのイバン・モレノは、9番グリッドから8位。第3戦フランスGPにワイルドカード参戦を予定する現スーパーストック1000FIMカップ王者のチェビエル・シメオンは、赤旗前のレースで10番グリッドからトップに飛び出したが、2ラップ目にハイサイドから転倒。リタイヤを喫した。

デビュー戦となったトライアル出身の女性ライダー、カルラ・カルデラールは、最後尾33番グリッドから24位でフィニッシュした。

次戦は、6月13日にヘレスで開催される。

Tags:
MotoGP, 2010

Other updates you may be interested in ›