初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、鎖骨骨折

A.バウティスタ、鎖骨骨折

シモンセリ、ロレンソ、ロッシに次ぎ、バウティスタもモトクロストレーニングで負傷した。

リズラ・スズキのアルバロ・バウティスタは14日、骨折した鎖骨の手術を受けた。

次戦フランスGPに向けて、トレーニングを積んでいた25歳のスペイン人ライダーは13日、出身地のタラベラ・デ・ラ・レイナ近郊でモトクロスを走行中に転倒。その際に肩を強打したことから、マドリード市内の病院で精密検査を受けたところ、鎖骨の骨折が判明。骨折箇所をプレートで固定する手術を受けた。

次戦への参戦について、医師団は、痛みが残り、肩の動きに多少の問題が見舞われるが、走行できることを説明。チームは、現時点で代役を起用しないことを発表。今後の回復状況を確認する。

今年に入り、マルコ・シモンセリ、ホルヘ・ロレンソ、バレンティーノ・ロッシらが、モトクロストレーニングで負傷に見舞われていた。

Tags:
MotoGP, 2010, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE, Alvaro Bautista, Rizla Suzuki MotoGP

Other updates you may be interested in ›