初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第3戦フランスGP‐MotoGPクラスプレビュー

第3戦フランスGP‐MotoGPクラスプレビュー

ヨーロッパラウンドの2戦目が、モータースポーツの伝統ルマンで開催。前戦逆転優勝を飾ったロレンソがポイントリーダーとして登場する。

第3戦フランスGPは今週末、ルマンで開催。ホルヘ・ロレンソがポイントリーダーとして登場する。

最高峰クラス挑戦3年目で、初めて地元レースを制したロレンソは、昨年17秒差のアドバンテージで優勝した舞台を前に、ヘレステストでスタート練習に着手。課題克服に取り組んだ。

ランク2位のバレンティーノ・ロッシにとって、2週間のブレークは、負傷した右肩を治療する時間にあてられた。昨年は転倒とピットスルーにより、厳しいレースとなってしまったが、2007年と2005年に優勝した舞台で、今年の目標でコンスタントな速さを取り戻したいところ。

地元ヘレスと新型シャーシの投入により、不振のプレシーズンを一掃するパフォーマンスを見せたダニ・ペドロサは、今週末に史上最年少となる通算150戦目を迎える。

プレシーズンから好パフォーマンスを維持するアンドレア・ドビツィオーソは、ヘレステストで試した新型シャーシを投入することを決意。

ルマンを一番難しいトラックと認めるニッキー・ヘイデンにとって、開幕から2戦連続4位の勢いを維持できれば、今後のハイスピードトラックに向けて、弾みとなる。

開幕戦の転倒により、上位陣とのギャップを背負ったケーシー・ストーナーにとっても、過去の成績から今週末は厳しいレースが予想されるが、操縦性が向上したデスモセディチGP10の戦闘力を証明する機会となる。

プライベート勢のトップを争うランディ・ド・プニエとコーリン・エドワーズにとっては、ルマンは地元グランプリ。特にド・プニエは、地元で上位陣とのバトルが期待される。

新人勢では、ベン・スピースが初体験トラックへの高い順応性を披露。チームの地元トラックで、どこまで上位に進出して来るか注目が集まる。

青山博一は、2週間のブレークを利用して、左手が痺れる症状を克服する手術を受けたが、週末には問題なく、ヘレステストで見つけたベースセッティングを試したいところ。

アルバロ・バウティスタは、モトクロストレーニング中に鎖骨を骨折。手術を受けたが、レースには参戦する。

第3戦フランスGPは、21日に開幕。決勝レースは、23日の14時、日本時間の21時にスタートする。

Tags:
MotoGP, 2010, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›