初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第3戦フランスGP‐Moto2クラスプレビュー

第3戦フランスGP‐Moto2クラスプレビュー

富沢がポイントリーダーとして登場。エリアス、ルティ、高橋、デボンは優勝経験のある舞台に臨む。

第3戦フランスGPは今週末、ルマンで開催。富沢祥也が2戦連続のポイントリーダーとして登場する。

開幕戦優勝、第2戦2位により、45ポイントを獲得した富沢は、ルーキーシーズンだった昨年の総合ポイント(32ポイント)を上回った。今週末は、昨季17番グリッドから転倒リタイヤを喫したチームのホームレースで、成長したパフォーマンスを見せたいところ。

地元優勝後、スプリントレースとなったことが最大の勝因だったことを認めたトニ・エリアスは、2週間のブレークを利用して、プレシーズンに負傷した左手と右足首の治療に専念。前戦よりも、フィジカルコンディションが上がった状態で、キャリア初となる表彰台を獲得した舞台に臨む。

開幕戦から好パフォーマンスを披露するトーマス・ルティは、2008年第6戦イタリアGP以来となる優勝争いを展開。125ccクラス時代に2勝を上げた舞台で、飛躍を目指す。

前戦優勝争いを演じた高橋裕紀は、初優勝を上げた思い出の舞台で、地元グランプリとなるテック3に、好成績をもたらしたいところ。

地元出身として注目が集まるには、ジュール・クルーセル。昨年までに5度挑戦してきたが、最初の3年は転倒リタイヤ。一昨年は負傷により欠場。昨年はセッション中の転倒により、決勝レースのキャンセルを強いられていただけに、今年は地元ファンの前で存在感をアピールしたいところ。

同じく地元出身のマイク・ディ・メッリオは、フリアン・シモンと共に、開発中のRSVから、富沢、クルーセルが使用するシューターに変更。スペイン選手権の舞台であるアルバセテで緊急テストを実施した。

スペイン選手権で初優勝を飾り、開発が進むFTRを使用するアレックス・デボンは、2年前に初優勝を飾った舞台で、苦戦を強いられた前戦の巻き返しに挑む。

ルマンでは、昨季クラウディオ・コルティとのFIMカップ・スーパーストック1000のタイトル争いに競り勝ったベルギー出身のザビエル・シメオンが、フォンシ・ニエトとヨンニク・ゲーラが所属するホリデージム・G22のサテライトチームからワイルドカード参戦。エリアス、ルティらが完成度を証明するモリワキのプロトタイプマシンを使用する。

Tags:
Moto2, 2010, MONSTER ENERGY GRAND PRIX DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›