初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.デアンジェリス、サスペンションを変更

A.デアンジェリス、サスペンションを変更

プライベートテストを経て、サスペンションメーカーを変更する。

RSM・チーム・スコットのアレックス・デ・アンジェリスは、プライベートテストを経て、第4戦イタリアGPに挑戦する。

開幕戦のオープニングラップで転倒を喫した26歳のサンマリノ人ライダーは、2戦目のウォームアップ走行でハードクラッシュにより、デビュー戦からの連続参戦記録-ランク4位の165戦-に終止符を打つと、3戦目では16番グリッドから8番手走行中の7ラップ目に、転倒したチャビエル・シメオンのマシンが左サイドから激突する不運に見舞われ、3戦連続の0ポイントに終わっていた。

3戦目終了後、チームと共にミサノ・ワールド・サーキットを訪れ、25日と27日に、2日間プライベートテストを実施。

「テストはポジティブだった。現在のパフォーマンスから伸ばし、信頼性を見つけるための方向性が見つかった。それに、新しいサスペンションを検証した。レスポンスが良いようだ」と、テストを振り返った。

「走り込めたのは火曜のみ。木曜は電子系のトラブルに見舞われてしまった。ムジェロまでに解決することを願う。この2日間で、変更しなければいけないところを理解した。」

「イタリアGPの目標は、シーズン初の完走。もちろん、可能な限り前でフィニッシュしたい。ムジェロでは、参戦するだけでなく、グッドなレースをするつもりだ。」

チームは、週末のグランプリにオーリンズ製のサスペンションを導入するため、フォースGP210のセッティングを進めている。

Tags:
Moto2, 2010, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Alex de Angelis, Bimota - M Racing

Other updates you may be interested in ›