初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:S.コルテセ、スペイン勢を抑えてポール奪取

公式予選:S.コルテセ、スペイン勢を抑えてポール奪取

コルテセが逆転で今季初ポールポジションを奪取した。

第4戦イタリアGPの公式予選は5日、ムジェロで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温29度。路面温度47度のドライコンディションの中、フリー走行2で5番手だったコルテセは、最終ラップにスリップを利用して、1分58秒315の1番時計を記録。昨年第7戦TTアッセン以来通算2度目となるトップグリッドを獲得した。

フリー走行1とフリー走行2を制したエスパルガロは、13ラップ目にハイサイドから転倒を喫したが、7ラップ目のタイムで、開幕から4戦連続の2番グリッドを確保。

昨年ポール・トゥ・ウインを決めたブラドリー・スミスとポイントリーダーのニコラス・テロールが1列目を獲得。ランディ・クルメンナッハ、エステベ・ラバット、マルク・マルケス、エフレン・バスケス、ヨハン・ザルコが続いた。

フリー走行2で9番手から7番手に浮上した小山知良は、1.377秒差の10番手。明日の決勝レースは、3列目から迎える。

Tags:
125cc, 2010, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, QP

Other updates you may be interested in ›