初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:L.ロレンソがトップに浮上

フリー走行2:L.ロレンソがトップに浮上

ホンダ勢がリズムアップして、ポジションを上げれば、ロッシが転倒を喫した。

第4戦イタリアGPのフリー走行2は5日、ムジェロで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

気温23度。路面温度28度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手だったロレンソは、3度目のコースインで1分49秒台を6連発。最速リズムを刻んだ後、4度目のコースインでは1分49秒282の1番時計を記録して、セッションを制した。

初日8番手のアンドレア・ドビツィオーソは0.338秒差の2番手。5番手だったダニ・ペドロサは、0.419秒差の3番手。レプソル・ホンダの両雄が揃って、リズムアップして上位に浮上した。

フリー走行1を制したバレンティーノ・ロッシは、3番手走行中の16ラップ目に13コーナーでハイサイドから転倒。クリニカ・モービルに運ばれた。

ランディ・ド・プニエは、4度目のコースインで1分50秒前半のリズムを掴み、11番手から5番手に浮上。コースインを繰り返したケーシー・ストーナーは6番手。コーリン・エドワーズ、ベン・スピース、ニッキー・ヘイデン、ロリス・カピロッシがトップ10入り。

フリー走行1で15番手だった青山博一は、初日の1分52秒後半からリズムアップ。1分51秒前半で周回を重ね、1.878秒差の14番手に入った。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, FP2

Other updates you may be interested in ›