初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、ペドロサがポール奪取

レプソル・ホンダ、ペドロサがポール奪取

調子を上げてきた両雄が、自信を持って明日のレースに挑戦する。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサとアンドレア・ドビツィオーソは、第4戦イタリアGPの公式予選で、1番手と8番手だった。

フリー走行1で5番手だったペドロサは、フリー走行2で3番手に浮上すると、最高峰クラスで通算15度目のトップグリッドを獲得。ステップ・バイ・ステップでリズムアップした。

「嬉しい。昨日のリザルトを良くするために、懸命に働き、最終的にこのリザルトを獲得した。1列目は重要だけど、僕たちの目標が勝つことだから、集中力を維持しないといけない」と、今季初優勝を狙うこと強調。

「ロレンソは破るべきライダーだけど、バイクは機能するし、ルマンよりも調子がいい。レース最後まで、ポテンシャルを維持できることを願う。リズムをもう少し良くしたいけど、いいフィーリングがある。」

8番手から2番手に浮上したドビツィオーソだったが、公式予選では8番手に後退。「昨日よりもパフォーマンスが良くなったけど、午後に路面状態が変わり、プッシュしたけど、バイクに全ポテンシャルを使うことができなかった」と、理由を説明。

「ダニとロレンソとのギャップが広がってしまった。ソフトタイヤのポテンシャルを引き出せなかったのは不運だった。スターティングポジションが後ろなのは、レースを難しくしてしまうから、改善しなければいけないけど、レースには自信がある。トップグループに位置できれば、グッドなレースができる。」

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Andrea Dovizioso, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›