初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:M.マルケス、初優勝

決勝レース:M.マルケス、初優勝

プレシーズンから抜群の速さを見せたマルケスが、キャリア初優勝を飾った。

第4戦イタリアGPの決勝レースは6日、ムジェロで行われ、マルク・マルケスが優勝を飾った。

気温25度。路面温度43度のドライコンディションの中、6番グリッドのマルケスが4人の優勝争いに僅少さで競り勝ち、通算33戦目で初優勝。昨年第7戦TTアッセンから続くスペイン人ライダーの連勝記録が、14に伸びた。

ウォームアップ走行を制したポイントリーダーのニコラス・テロールは、4番グリッドから3戦連続の2位。2番グリッドのポル・エスパルガロは3位に入り、スペイン勢が開幕から4戦連続して表彰台を独占。

昨年ポール・トゥ・ウインを決めたブラドリー・スミスは、3番グリッドから4位に進出。3人による5位争いは、エフレン・バスケスが制し、ランディ・クルメンナッハ、エステベ・ラバットが続いた。

10番グリッドの小山知良は、スタートで13番手まで後退したが、4人による8位争いに競り勝ち、ヨハン・ザルコ、ダニー・ウェッブがトップ10入りした。

今季初ポイント獲得を狙った10人のイタリア勢の中、5人がリタイヤしたが、今週末からレギュラーライダーに抜擢されたシモーネ・グロティスキ・ジオルジが15位に入った。

今季初のポールポジションを獲得したサンドロ・コルテセは、2ラップ目に転倒した後、8ラップ目に2度目の転倒により、リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、テロールが首位をキープ。エスパルガロとのアドバンテージを6ポイントに広げれば、マルケスがランク3位に浮上した。

Tags:
125cc, 2010, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, RAC

Other updates you may be interested in ›