初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、病室からファンへメッセージ

V.ロッシ、病室からファンへメッセージ

入院中のロッシが、インタビューに応え、メッセージを送った。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、入院先の病院から、世界中のファンへメッセージを送った。

前日に右脛骨を骨折して、手術を受けたロッシは、フィレンツェ整形外科センターの病室から、MotoGPクラスの決勝レースが始まる直前に、イタリアのテレビ放送局メディアセットのジャーナリス、グイド・メダの電話インタビューに応え、「ムジェロにいるみんなに、僕の回復を願う全ライダーたちに、感謝したい」と、語った。

「手術は上手く行った。ブッツィ医師は素晴らしい。彼らはここで家族のように対応してくれている。脚にピンを埋め、明日には傷口を縫うことができるだろう。グッドなリハビリプログラムを始めたい。」

「酷い転倒だったから、困難な時だった。あの転倒と曲った脚をビデオで観た。怖い瞬間だったけど、今はだいぶいい。今はモラルが高い。特にモルヒネを知ってしまったから!」

「ここに来ているみんなに、僕を愛してくれているみんなに感謝したい。少し時間が必要だけど、1日も早く復帰するつもりだ。」

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM

Other updates you may be interested in ›