初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ、悔やむコースアウト

H.バルベラ、悔やむコースアウト

コースアウトにより、ベストリザルト獲得の可能性を失った。

パヒナス・アマリーリャス・アスパルのエクトル・バルベラは、第4戦イタリアGPの決勝レースで、13番グリッドから12位。2ラップ目のコースアウトを悔やんだ。

「カタールとヘレスと同じような展開となってしまった。7、8位で走れるには十分なリズムがあったのに、急ぎ過ぎた。序盤に自分の可能性を超えてしまった」と、反省した。

「全ては公式予選の順位が原因。後方からのスタートで、早くポジションを巻き返そうとして、ミスを犯してしまう。スターティンググリッドを良くするために、一発のタイム出しを学ばないと。」

「序盤、ブレーキが遅れ、ストレートエンドでグラベルに突っ込んでしまった。その後、コースに戻り、リズムを取り戻すために、少しずつ行くようにトライした。僕はもっと上手くやることができる。」

7位でフィニッシュできるリズムでポジションを巻き返したバルベラは、シルバーストンで開催される第5戦イギリスGPに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2010, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Hector Barbera, Paginas Amarillas Aspar

Other updates you may be interested in ›