初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.パシーニ、通算100戦目飾れず

M.パシーニ、通算100戦目飾れず

地元でクラス17人目の100戦目を迎えたが、転倒を喫した。

JiR・Moto2のマティア・パシーニは、第4戦イタリアGPの決勝レースで、25番手から転倒。キャリア通算100戦目を飾れなかった。

ルーチョ・チェッキネロに才能を買われ、2004年開幕戦南アフリカGPでデビューすると、1年目にルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。2008年に250ccクラスへ進出し、今年からMoto2クラスへの挑戦を開始した。

昨年250ccクラスで通算10勝目を飾った地元レースで、クラス17人目、3クラス合せて32人目の100戦目を迎えたが、28番手走行中の8ラップ目に転倒。開幕戦で6位を獲得した後、3戦連続のリタイヤを喫した。

「セッティングを解決するために、週末は懸命に働き、金曜にグッドなタイムをマークしたけど、その後、タイムが伸びなかった。レースでは、スペースが見つからず、行き詰ってしまった。ポジションアップのために、プッシュしたけど、フロントから転んでしまった。僕たちが取り組んでいる開発はレスポンスがあるけど、まだやるべきことがたくさんある。データを分析して、予選順位を良くしないといけない」と、振り返った。

Tags:
Moto2, 2010, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Mattia Pasini, JIR Moto2

Other updates you may be interested in ›