初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、1番時計発進

J.ロレンソ、1番時計発進

初の1人体制の中、素早い順応性を見せて、トップタイムをマークした。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第5戦イギリスGPのフリー走行1で、1番時計を記録。24年ぶりに復帰したチャンピオンシップの初セッションを制した。

2004年に初開催されたカタールGPでポール・トゥ・ウインを決めたポイントリーダーは、最初のコースインで連続13ラップを実行した後、2度目のコースインで2分06秒台のリズムを刻み、再び素早い順応性を証明。2分05秒991の1番時計を記録した。

「初日の仕事に満足。このサーキットを本当に楽しんだ。走っていて、すごく楽しかった。僕たちは懸命に働き、各周回から学習するために、たくさん走ることができた。不運にも路面温度が低かったから、あまり参考にならない。明日は天候が回復することを願う」と、最多23ラップを走行した後、初日を振り返った。

「グッドなスタートだ。これからグッドなレースをするために、ステップ・バイ・ステップで良くして行かないと。1列目を獲得するために、この調子を続けたい。」

Tags:
MotoGP, 2010, AIRASIA BRITISH GRAND PRIX, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›