初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:J.ロレンソが初セッションを制す

フリー走行1:J.ロレンソが初セッションを制す

ポイントリーダーが、ラスト3分前に雨が降り始めた初セッションで1番時計を記録。ストーナー、ドビツィオーソが続き、青山は14番手だった。

第5戦イギリスGPのフリー走行1は18日、シルバーストンで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度21度のドライコンディションの中、2004年に初開催されたカタールGPで優勝経験があるポイントリーダーのロレンソは、最初のコースインで連続13ラップを実行した後、2度目のコースインで2分06秒台のリズムを刻み、再び素早い順応性を証明。2分05秒991の1番時計を記録した。

ケーシー・ストーナー、アンドレ・ドビツィオーソ、ランディ・ド・プニエも2分06秒台のリズムで周回すると、ベン・スピースは新人勢のトップとなる5番手に進出。

前戦勝者のダニ・ペドロサ、マルコ・メランドリ、アレックス・エスパルガロ、マルコ・シモンセリ、ニッキー・ヘイデン、エクトル・バルベラのトップ11までが、2分08秒のリズムで掴んだ。

青山博一は、23ラップを走行したロレンソに続く22ラップを走行。3.648秒差の14番手だった。

Tags:
MotoGP, 2010, AIRASIA BRITISH GRAND PRIX, FP1

Other updates you may be interested in ›