初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:マルケス&エスパルガロが素早い順応

フリー走行1:マルケス&エスパルガロが素早い順応

初体験のコースに、マルケスとエスパルガロが、素早い順応性を見せ、セッションをリードした。

第5戦イギリスGPのフリー走行1は18日、シルバーストンで行われ、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温17度。路面温度21度のドライコンディションの中、前戦勝者のマルケスとランク2位のポル・エスパルガロが、初体験のコースに対して、素早い順応性を証明。単独走行で、タイムを伸ばして行き、2分15秒台に進出。ライバルたちを大きく引き離した。

エスレン・バスケスは、最終ラップに3番手に浮上すれば、ブラドリー・スミスは、マルケスをマークして4番手に入った。

ポイントリーダーのニコラス・テロールは、0.699秒差の5番手。ランディ・クルメンナッハは、1.726秒差の6番手。

ランク7位の小山知良は、1時間の初セッション7で21ラップを走行。3度目のコースインで2分18秒台に進出して、2.395秒差の6番手に入れば、ダニー・ウェッブ、ヨハン・ザルコ、サンドロ・コルテセがトップ10入りした。

Tags:
125cc, 2010, AIRASIA BRITISH GRAND PRIX, FP1

Other updates you may be interested in ›