初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:C.コルティ、5戦目で初PP奪取

公式予選:C.コルティ、5戦目で初PP奪取

コルティが初ポールポジションを奪取。シューターが1列目を独占した。

第5戦イギリスGPの公式予選は19日、シルバーストンで行われ、クラウディオ・コルティがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温14度。路面温度23度のドライコンディションの中、フリー走行2を制したコルティは、唯一2分10秒台を突破する2分09秒624の1番時計を記録。参戦5戦目でトップグリッドを獲得した。

ジュール・クルーセルは、0.413秒差の2番手。昨年最高峰クラスに参戦したハヤテ・レーシングのスタッフたちが結成したフォワード・レーシングが1・2番グリッドを独占した。

ステファン・ブラドルとフリアン・シモンが1列目を確保。シューター勢がフロントロウを独占した。

フリー走行2で好パフォーマンスを見せたヨニー・エルナンデスは、2分10秒第のリズムを掴み、5番手に進出。ヤンニック・ゲーラの負傷代役に指名された現スーパーストック1000王者のチャビエル・シメオン、アレックス・バンドリーニ、アルネ・トーベ、トーマス・ルティ、フォンシ・ニエトがトップ10入り。

フリー走行1を制した富沢祥也は、フリー走行2の転倒でマシンが破損したことから、僅か8ラップの走行だったが、1.064秒差の11番手に進出。

前戦勝者のアンドレア・イアンノーネは、フリー走行2で2度の転倒を喫して、腰を強打したが16番手。ポイントリーダーのトニ・エリアスは18番手。高橋裕紀は38番手。

前戦で今季初ポイントを獲得したアレックス・デ・アンジェリスは、フリー走行1の転倒で腰を痛め、フリー走行2と公式予選をキャンセルした。

Tags:
Moto2, 2010, AIRASIA BRITISH GRAND PRIX, QP

Other updates you may be interested in ›