初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、転倒で両膝を強打

D.ペドロサ、転倒で両膝を強打

バイクが両膝に激突するアクシデントに見舞われたが、幸い大きなダメージを受けなかった。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第5戦イギリスGPの公式予選で、3番時計を記録。転倒を喫した際に、両膝を強打した。

フリー走行2で6番手から1番手に浮上した前戦勝者は、コンスタントに2分04秒台を刻んだ後、2分03秒台を2連発出した直後に転倒。その際に、RC212Vが両膝に激突するアクシデントに見舞われた。

「最終ラップに転んでしまった。左の16コーナーでハードブレーキ中にバンプーに乗ってしまい、フロントタイヤが滑った。バイクが両膝の上を横切ったかもしれない」と、転倒を説明した。

「ダメージを受けたけど、幸運にも痛みが少しずつ弱まっているから、明日には良くなるだろう。」

「僕たちは1列目。グッドなスタートするためには重要だから、グッドなパフォーマンスをキープすることを期待するだけ。明日は少し気温が上がりそうだから、最終的なタイヤ選択を決断しなければいけない。」

Tags:
MotoGP, 2010, AIRASIA BRITISH GRAND PRIX, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›