初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.クルーセル、71戦目の初優勝

J.クルーセル、71戦目の初優勝

2度のミスを活かすような冷静な判断が功を奏して、初優勝を挙げた。

フォワード・レーシングのジュール・クルーセルは、第5戦イギリスGPの決勝レースで、2番グリッドから初優勝を飾った。

開幕戦で2年連続の表彰台を獲得して好発進した21歳のフランス人ライダーは、地元ルマンでトップ走行中に転倒。チームの地元レースとなったムジェロでは、2番手走行中に転倒を喫したことから、シルバーストンでは、前に出ることを極力抑え、初勝利を挙げた。

「上位を維持することにトライした。勝つためではなかった。ルマンとムジェロでは勝とうとして、転んでしまったから」と、焦りからミスを犯してしまったことを反省。

「速いライダーたちの後ろに位置することに徹した。フリアン・シモンは速かったから、彼の後ろについた。抜きには行かなかった。グループができていたから、ラスト2ラップでのパッシングは簡単だった。」

「優勝するまでに何度もミスを犯してしまった。ルマンでは、バイクは最高で、トップに立ったけど、僕のミスで転んでしまった。ムジェロも同じ。バイクはそれほどいい感触がなかったけど、2番手で走っている時に転んでしまった。」

「今回、レース前まであまりバイクの感触が良くなかったけど、チームが懸命に働いてくれ、グレートなバイクに仕上げてくれた。これからの2連戦、この調子を維持しないと。」

キャリア71戦目で初優勝を挙げたクルーセルは、昨年17番グリッドから転倒リタイヤを喫したTTアッセンに挑戦する。

Tags:
Moto2, 2010, AIRASIA BRITISH GRAND PRIX, Jules Cluzel, Forward Racing

Other updates you may be interested in ›