初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

王者ロッシの代役は吉川和多留に決定

王者ロッシの代役は吉川和多留に決定

来週末の第7戦カタルーニャGPから3戦に出場。ロッシの回復状況によっては、予定を変更する可能性がある。

フィアット・ヤマハは23日、バレンティーノ・ロッシの負傷代役として、開発ライダーを務める吉川和多留を起用することを発表した。

第4戦イタリアGPで右脚を負傷したロッシは、同グランプリから欠場。チームは、吉川を第7戦カタルーニャGPから3戦に出場させる予定。

全日本選手権スーパーバイククラスを2度制した経験がある吉川は、「バレンティーノが回復するまでの間、MotoGPに参戦するチャンスをもらえたことを喜んでいます」と、抱負を勝った。

「私にとって2002年もてぎ以来となる参戦です。今年のチームのレース結果から、オフシーズン中のM1開発の方向性に間違いがないことを確認しますが、今回の参戦は、今後のM1開発に非常に有益になるリアルなレースデータを集中できるチャンスです。とても楽しみです。」

モーターレーシング・マネージング・ダイレクターのリン・ジャービスは、「バレンティーノの欠場による空席を埋めるために代役候補を、ヤマハの契約ライダー及びテック3の契約ライダーの中から検討しましたが、現在の各シリーズ戦に参戦しているライダーが代役を務めることになれば、それぞれのレースプログラムやチームに関連する解決すべき新たな問題が生じる可能性があります。」

「そこで、慎重に検討した結果、M1の開発ライダーである吉川を選出しました。現時点で、カタルーニャ、ドイツ、ラグナセカの3戦を予定していますが、バレンティーノの復帰時期によっては、予定を変更する可能性もあります」と、説明した。

Tags:
MotoGP, 2010, TIM TT ASSEN, Valentino Rossi, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›