初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:J.ロレンソ、4連続のトップタイム

ウォームアップ走行:J.ロレンソ、4連続のトップタイム

ロレンソが4度のセッションで1番時計を記録すれば、ペドロサがリズムアップで2番手に浮上した。

第6戦TTアッセンのウォームアップ走行は26日、TTアッセンで行われ、ホルヘ・ロレンソ、アンドレア・イアンノーネ、マルク・マルケスがトップタイムをマークした。

気温19度。路面温度20度のドライコンディションの中、ポールポジションのロレンソが、1分34秒後半のリズムを刻み、フリー走行1から連続してセッションを制した。

7番グリッドのダニ・ペドロサは、公式予選を上回るタイムを連発。0.151秒差の2番手に浮上すれば、ケーシー・ストーナー、ベン・スピース、アンドレア・ドビツィオーソ、ランディ・ド・プニエが1分35秒台のリズムで周回を重ね、秋吉耕佑は5.457秒差の15番手。

2日目に転倒を喫したマルコ・メランドリは、セッションをキャンセルした。

Moto2クラスは、ポールポジションのイアンノーネが、1分40秒前半にリズムを刻んだ後、唯一1分40秒台を突破すれば、4番グリッドの富沢祥也は、0.046秒差の2番手。マティア・パシーニ、カレル・アブラハム、クラウディ・コルティら、10人が1分40秒台後半のリズムで周回。

13番グリッドの高橋裕紀は、1発1分41秒台を突破する0.726秒差の14番手。22番手までが1秒以内に接近した。

125ccクラスは、ポールポジションのマルケスが、1分42秒台のリズムを刻み、2番手に1.098秒差のアドバンテージを広げれば、ポル・エスパルガロとニコラス・テロールは、1分43秒台のリズム。4番手のエフレン・バスケスは、1分44秒台。14番グリッドの小山知良は、1分45秒台を1度記録。15番手だった。

Tags:
MotoGP, 2010, TIM TT ASSEN, WUP

Other updates you may be interested in ›