初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、初のハットトリック達成

J.ロレンソ、初のハットトリック達成

125ccクラス、250ccクラスに続き、最高峰クラスを制し、伝統のアッセンで、キャリア初の3クラス優勝を達成した。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第6戦TTアッセンの決勝レースで、ポールポジションから優勝。今季4勝目を飾った。

フリー走行1から全セッションを制した後、今季2度目のポールポジションからレースの主導権を握ると、ハードタイヤ選択が功を奏し、最後までリズムを崩さず、2戦連続4勝目。

同舞台で3クラス制覇を達成しただけでなく、2007年第16戦オーストラリアGP250ccクラス以来となる全セッションのトップタイムを記録した。

「ダニがソフトタイヤですごく速かったから、シルバーストンよりも難しかった。トップを走り続けるために集中力を維持しなければいけなかった。ハードタイヤで自信があった。これが大きな役立ったから、正しいタイヤチョイスだったと言える」と、今季6戦目を振り返った。

「それでも簡単ではなかった。終盤にタイヤが大きく滑り始め、ラスト2ラップはシケインでミスを犯し、転びそうになった。」

「全てのカテゴリーで優勝できたのは、名誉なことだから、パルクフェルメでもらったボールを持って帰る。サッカーでハットトリックを決めると、こんなふうに祝うんだ。」

「チャンピオンシップのアドバンテージが広がり、今まで以上に落ち着きをもたらしてくれる。さあ、ホームレースのバルセロナだ。ファンの前で走る機会が楽しみだ。」

ランク2位に47ポイント差のアドバンテージを広げたロレンソは、昨年ポールポジションから2位でフィニッシュしたホームレース、カタルーニャGPに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2010, TIM TT ASSEN, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›